歯医者さんが増えている理由

>

歯医者さんの出費と収入

開業にかかる費用

実際、歯医者さんを開業するにはどれくらいの費用が必要なのでしょうか。
両親や身内の事業継承ではなく、自身で立ち上げた場合を考えてみます。
先ずは場所。
自宅兼病院という戸建て形式にするか、テナントとして借りるかにもよりますが、賃貸の場合で、月50万円程度とすると、敷金礼金、仲介手数料などで初年度800万円ほどがかかります。
それに加えて内装に約1500万円。
医療機器、設備、備品で約1500万円。
ここまでの合計で3800万円、これに宣伝広告費や運転資金、歯科助手を雇うことになると5000万円近くなると考えられます。
導入する機械やシステム、内装のグレードなどによりまた増額が予想されますので、かなりの初期投資が必要となります。

診療で得られる報酬

歯医者さんでの診療には保険の範囲内のものとそれ以外、つまり自費治療があります。
保険内での診療は報酬が決まっていますので、自費治療である自由診療の範囲が広ければ収入を増やすことができます。
年収は地方格差はありますが、人口の多い都市圏で平均して1200万円ほどといわれています。
サラリーマンに比べて比較的恵まれているように見えますが、開業医の場合は開業費用の返済などもかかわって来るため、状況によっては低い場合もあります。
人口の減少傾向と、歯科医師の増加傾向を鑑み、患者さんを集めるために自分のクリニックの特徴と強みを打ち出し、情報として届けていかなければなりません。
特徴と強みは、患者さんから求められる高い専門性と技術力にということになります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る